「ほっ」と。キャンペーン
エアプランツを浴室で育ててみよう!
エアプランツ(チランジア)を育てている人は
一度は浴室で育たないかな?と思ったことはないだろうか。
と言うことで、以前実験した時のことをレポートします。

エアプランツが人間の世話なしに自然に生きていく条件としては
・湿度が60%程
・夜~朝方にかけて霧が発生する環境
・昼間は風通し良く乾燥する
・それなりの日光

と言われている。

自宅の浴室の環境は、
・24時間換気扇が回っているので空気は常に循環している
・夜に風呂に入るので夜湿度が上がる
・北向きの小さい窓

と言う感じで、光が少ないのがちょっと不安だが、
エアプランツが育つにはそれなりに環境は悪くなさそうと判断し、
100円shopで入手したマグヌシアナとウスネオイデスを2本ほど
浴室の窓辺に置いてみた。
もちろんミスティング(霧吹き)ソーキング(数時間どっぷり水に漬ける)など、
水をあげる行為は一切しない。

    マグヌシアナ君
b0016219_2214343.jpg
【結果】
1週間経過
 マグヌシアナもウスネオイデスも元気。
2週間経過
 どちらも元気に見える。
 だけどマグヌシアナの根元がなんとなく茶色く
 なってきた感じがする
3週間経過
 ウスネオイデスは元気。
 マグヌシアナは・・・

手にとって見ると、グニュッ!
え!?グニュ?
根元がやわらかくなっていました。
一番外側の葉をちょっと引っ張ってみると・・ポロッ。
次の葉もポロッ。次の葉も・・・ポロッ。ポロッ。・・・。
結局、芯が腐ってしまっていてバラバラ死体になってしまいました。

ウスネオイデスは元気なので、水が好きなタイプのエアプランツなら
いけるかもしれませんが、おそらく我が家の浴室の環境では大抵のエアプランツは
ダメなのではないかという結論に達しました。

今は同じところにライムポトスをビンに入れて置いています。
元気は元気なのですが、ものすごく成長が遅く育っています。
やっぱり光が足らないようです。
換気扇のパワーが少なく湿度が高すぎと言うのも失敗の原因かもしれません。

と言うことでこの写真がマグヌシアナ君の遺影になってしましました。
もし他にもエアプランツを浴室で育てたことがあるという方や、
浴室でちゃんと育っていると言う方は、
是非体験談をお聞かせくださいm(_ _)m

[今日のデータ]
天気:晴れ
気温:秋らしく涼しくて過ごしやすい日だった
気圧:1024[hPa]
体調:普通
[PR]
by tama150 | 2004-09-16 22:38 | エアープランツ(チランジア)
<< 古代龍パラゴン! ラオウよ!天に帰る時が来たのだ! >>